検索されないようなキーワードはスモールワードと言います。

そしてビックワードでサイトを上位表示させたときには、多くのアクセス数を見込めるのですが、当然競争が激しくて、SEOを続けなくては順位を維持するようなことができません。

ユーザーのニーズが絞り込めないといったことで、アクセス数が増えていても商品の購入や資料請求といったコンバージョンにむすびつきにくいのです。そしてこのためにユーザーのニーズが顕著なスモールワードのほうが圧倒的に費用対効果が高いのです。そして、SEOについて解説しているようなサイトや本など世の中にはたくさんあるのですが、サイトを評価するようなアルゴリズムは常に更新されていき、小手先の実のことをしても長い目で見ればあまり意味がないのです。

下手をすればスパム行為を見なされえるような心配があります。そしてSEO会社に高いお金を払ってみてチューニングを続けるか、あるいはユーザーに役立てられるような情報を整理されたサイト作りを徹底しましょう。